このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年07月13日

シマノJAPANCUPセミファイナル西日本大会

7月11日(土)兵庫県揖保川にて開催されました。
各地区大会勝ち抜き者と昨年度全国大会出場シード獲得者
合わせて合計30名により激戦が行われました。
A・Bブロックに分かれ3試合行われ釣果数による勝ポイントと
占有率によるポイント獲得数の合計で勝者が決定します。


第1試合目 Aブロック16番で入川、釣果数10尾で 3位でスタート


2試合目  Bブロック4番で入川、釣果数6尾で 7位 


3試合目 Aブロック6番で入川、2試合目で順位を7位まで落とした為
挽回を狙い勝負を掛けたポイントが裏目に出、釣果数3尾となり
大きく順位を落とし 11位となってしまいました。

今大会参加選手の皆様

大会成績表

今大会で 全国大会へ進出される選手
1位 浅川友香梨選手・2位 瀬田匡志選手・3位和田紅一選手
8月に九頭竜川で行われる全国大会 是非とも頑張って下さい。


スタッフ 木下
  

Posted by 和歌山のマルニシ釣具店 at 13:00渓流釣り

2015年06月22日

2015シマノジャパンカップ鮎日高川予選

6月20日 シマノJAPANCUP
鮎釣り選手権日高川予選
に参加しましたik_53

セミファイナル進出権5枠を目指し

84名の各地の有力選手が参加ik_95





せせらぎ突撃隊の皆様も作戦会議ik_01


1回戦Cブロックでのオトリ配布待ち

上位6名の決勝戦枠を目指し試合スタートik_20



オトリ込みの10尾でギリギリの6位で1回戦通過ik_72

決勝戦オトリ配布の順番も最後から2番目と

厳しいスタートとなりましたicon10





上位5名が西日本ブロック大会に進出出来る中

1位8尾・2位7尾・3位6尾が6人となり3名の枠を争う1匹早掛けのプレーオフに突入icon10

開始約5分、2番手で掛けることが出来

西日本ブロックの切符を得る事が出来ましたik_72


本大会の成績表ik_18です

セミファイナル西日本大会進出者の皆様

本大会参加選手での記念撮影

皆様お疲れ様でしたface02


            バイパス店スタッフ  木下

  

Posted by 和歌山のマルニシ釣具店 at 10:05渓流釣り

2015年06月17日

スタッフ三崎の鮎釣り日記 Part.3

6月15日(月)天川に鮎釣りに行ってきました。

ダム上の五色橋下流にあるおとり店『よってって屋』の真下のポイントに入りました。(地図内⑬)





実釣開始は10時半でした。
早々におとりは変わったものの、入れ掛りとは行かずポツポツと釣れる感じ。
解禁からの釣り荒れ感が有りました。
掛かる鮎はサイズはまぁまぁの16~18cmクラスで揃っています。
4時過ぎに納竿としました。20匹の釣果でした。


景色は抜群、水質最高でとっておきの癒しになりました。
皆さんもどうぞ天川に行ってみてください。癒される事間違いなしです。

当日のタックル

竿 がまかつ ダンシングスペシャル H 8.5m


水中糸 がまかつ メタブリッド 0.04


掛け針 がまかつ 競技SP 6.5号 4本錨

シマノ 虎龍 6.5-7.0 MIX 4本錨(写真有りません、ゴメンナサイ)


上の写真にあるマルニシのマスコット『えびぞう』のシールの貼ってある引き舟を見かけたら是非声をおかけください。とっておきの情報をコソっとお教えいたします。(有ればの話ですが?)

バイパス店スタッフ 三崎  

Posted by 和歌山のマルニシ釣具店 at 23:16渓流釣り

2015年06月02日

【和歌山 釣果情報】  アマゴ






6月1日、

兄と日置川へアマゴ釣りに行ってきましたface02

渇水でところどころ伏流水になっていましたが

いつもより軽めのガン玉で仕掛けを流していくとけっこう釣れましたicon14

これからの時期はマイナスイオンたっぷりの渓流釣りオススメですよik_20


インター店出山   

Posted by 和歌山のマルニシ釣具店 at 20:01渓流釣り

2015年06月01日

スタッフ三崎の鮎釣り日記 Part2

6月1日(月)古座川が鮎釣り解禁ということで行ってきました。


行きの道中、和深から上がっていくと途中通行止めでやむなくUターンし、すさみまで戻って上がって行きました。
釣行の際は気をつけて下さい。
5時ごろ洞尾のおとり屋、田上さんに寄って年券購入、10800円也、おとり2匹1000円也を支払って準備完了。
先客に村田満さんが来られてました。さすがに解禁日とあって人が多かったみたいで上流部は隙間がないみたいとの事。
そこで親切にも田上さんが5箇所ほどポイントを車で同行して案内してくれました。本当に有難う御座いました。
その中で一枚岩の下手にある鶴川橋の下流の瀬が釣り人一人だったので、割り込ませてもらいました。






こぶしより一回り大きい石がびっしり並んでいて、見た目にも一番よさそうに見えました。
6時過ぎ、釣行開始。
まずは背肩からおとりを入れますが、反応無し。
ちょっと下って瀬の流心部に放り込みますと、ブルブルとチビ鮎が掛かってきました。
おとりには厳しいサイズだったので、再度養殖を投入。続けてチビ鮎。
再々度養殖投入。やっとましなサイズゲット。
そこから回転がよくなり、コンスタントにアタリが有り昼までに45匹。
昼食後、サイズが小さくなって来たので場所を変えようとおもうが人盛りで断念し、11匹追加して2時前に納竿としました。
合計56匹。上出来でした。小さいのも多かったですが、18cmまでの良い鮎に大満足で帰途につきました。



当日のタックル

竿 がまかつ がま鮎 競技SP V5 9.0m
水中糸 がまかつ メタブリッド 0.04


東レ 将鱗競技ハイパー ナイロン 0.15


ハリ がまかつ 競技SP DFキープ 6.5号 4本イカリ


シマノ 虎龍6.5-7.0のミックス 4本イカリ(途中からこの針に変えたがこれが掛かりが良かったです)
写真無くてすみません


  

Posted by 和歌山のマルニシ釣具店 at 18:55渓流釣り釣果情報

2015年05月20日

【和歌山 釣果情報】  龍神  鮎 (続)


活き活きした鮎‼️

美味しそー‼️です‼️



鮎釣り1日目楽しく終了しました!

これから、せせらぎさんの美味しい美味しい夜ご飯♪

そして、つるつるの温泉お風呂タイムです‼️

楽しい夜満喫します‼️
  

Posted by 和歌山のマルニシ釣具店 at 19:48渓流釣り

2015年05月19日

日高川渓流ミノーイング

バイパス店スタッフ 青山です。

先日、1ヶ月ぶりに日高川での渓流アマゴ釣りにいってまいりました。

4月初頭とは風景がことなり、新緑がまぶしいくらいに輝いている季節となりました。



さて、釣果のほうは、といいますと、





23センチ頭に10匹ほどと、ちょっとさびしい釣果でした。

これから水温、水量ともに上昇すればもっとアマゴの追い気も盛り上がってくると思います。

そして、ミノーイングの定番ゲストといえば、



カワムツくんですが、今回はこんなのも。



10センチほどの子鮎。

渓流をよく観察すると、いたるところに子鮎の群れがみえましたよ。



明日5月20日からは日高川の本解禁となります。

今年から、バイパス店でも日高川、有田川の年券の取り扱いを始めました。

和歌山随一の鮎用品の品揃えとともに、みなさまのご来店をおまちしております。

あ、もちろん、渓流ミノーも各種ありますので、こちらもどうぞ(笑)

スタッフ 青山



  
タグ :アマゴ


Posted by 和歌山のマルニシ釣具店 at 10:31渓流釣り

2015年05月16日

有田川鮎釣り情報

5月14日
天然遡上の鮎がぽつぽつ釣れ出したという
情報で有田川白石周辺へ行って来ました。
ポイントムラはありますが
黄色い追い星の出た鮎が釣れました。





5月14日午後の釣果



サイズにバラつきがありましたが
全て天然物の綺麗な鮎でした。

5月15日
雨の予報がはずれ良い天気になったので
リベンジに行って来ました。
ブドウ園上流のマエダオトリ店の下手大岩周辺から学校前迄釣り下りピンポイント攻めで
25匹程釣ることが出来ました。
サイズは14㎝前後の天然物ばかりでした。







今年は天然遡上鮎が多いのですが
4月の冷え込みの影響か成長が遅れている。
5月末から6月上旬頃になると小ぶりながらも
全体に釣れるようになると思います。

今回の使用タックル
シマノ リミテットプロSWライトスペシャル9m
水中糸 オーナー メルファMH 0.03 4m
掛け針 ダイワ フックK 6.5 4本イカリ
シマノ 竜と虎 6.5 4本イカリ


鮎がまだ小さいので6号の方がオトリの動きが
良くなり釣果もアップすると思います。

バイパス店にて、日高川・有田川の
遊漁券を販売しております。
両河川は今月20日から 一般解禁です。

紀の川においては5月16日(第3土曜日)
その他の河川は例年通りの解禁となります。

バイパス店 スタッフ木下






  

Posted by 和歌山のマルニシ釣具店 at 10:42渓流釣り

2015年05月05日

スタッフ三崎の鮎釣り日記

5月4日、早期解禁の有田川へ鮎釣りに行ってきました。

自宅を7時過ぎに出て、いざ花園へ。
西浦おとり店に到着したのは7時半でした。久しぶりに顔を見たお母さんに挨拶をし、鑑札を購入。
年券で14040円(税込)です。ついでにおとり2匹分の代金1000円を支払い、情報を取集する。
1日から3日まではすごい人で賑わっていたとの事。今日は天候のせいか人が少ないとの事。
そうこうしているうちにかずみさんのお目見えです。久しぶりの挨拶をし、すかさず情報収集。
いつものコーヒーをごちそうになりながら、釣果情報を聞く。
鳥居橋下流から簗瀬大橋上流まではよく釣れているとの事で、上流を目指す事にする。
時計を見ると1時間も座っていた。
おとりを友カンに入れてもらい、車を上流に向けて走らせる。
花園温泉下を見に行くが、駐車場所は車でいっぱい。手前の公衆トイレ向かいに車を止めさせてもらう。
温泉下の瀬が1ヶ所だけ入れそうなので、そこにとりあえず友カンを沈める。
上流も下流も人が入っているので、まずはここから始めることにした。
時間は9時前、追いが出始めるのは昼ごろからと聞いていたのでのんびりと釣り始めた。
竿は がまかつ 競技SP V5 引抜早瀬 9m
水中糸は がまかつ メタブリッド 0.04号


ハリは がまかつ 要 6.0号 4本イカリ
上流も下流も竿は曲がっていない。
1時間たっても1匹もかからない。焦りが出る。我慢できず上流に向かって移動することにする。
ドン突きの右曲りに行ったところに人が入っていなかった。
そこで竿を出すことにする。少し泳がせていると待望の1匹目がかかる。
背掛かりの16センチ。天然おとりを入手できたので気合を入れて送り出す。
さすが天然おとり。すぐに次を連れてきてくれた。ほぼ同寸であった。
すぐさまあたりがあったので怒涛の入れ掛かりが始まると思ったが、身切れで空中リリース。
次も身切れで空中リリース。
ハリが合っていないと考え、サイズを上げることにする。
がまかつの今年の新製品、競技SP DFキープ 6.5号 4本イカリに変更。


それでも身切れ連発で、どうしてかと悩む。
ふと気が付いたのが、穂先が硬い方になっていた。そこから引き抜きを慎重にすることで、空中リリースを防いだ。
5時を知らせるBGMがなり始めたので、納竿とした。
今日釣った鮎を全てたもに入れて数えると36匹であった。うち2匹おとりなので釣果は34匹であった。
半分ぐらいは10~12センチの小鮎であったが、半分はそこそこの型であった。


湖産鮎を放流したとの事で、この時期であるのに目印が飛ぶほどの追いがあり、楽しめました。
皆さんも有田川最上流部の花園に鮎釣りに行かれてはいかがでしょうか。
鮎の質は最高級の鮎です。釣って楽しみ、食べておいしいので是非お勧めします。





スタッフ 三崎
  

Posted by 和歌山のマルニシ釣具店 at 19:40渓流釣り

2015年05月02日

2015鮎解禁

5月1日 和歌山県日高川・有田川で日本一早い鮎の早期解禁がスタートしました

順調に放流も終わり鮎の魚影もあるという
地元 おとり屋さんの情報を頂きましたので

本日は有田川の解禁に行って参りました(^◇^)



白石の瀬



白石の瀬下流


東川橋上流


人気ポイントの 粟生えのき瀬橋上流
他府県からも沢山の釣り人が訪れにぎわっていました


四村川の合流付近




解禁日午後の釣果


2015年 鮎早期解禁は日高川・有田川で行われております。
日高川は度重なる増水と低水温で 稚魚放流が遅れた為解禁日は
龍神地区を諦めざるを得ませんでした。

早朝は追いが悪いと判断し 12時頃の入川にし
夕方まで四村の合流付近とえのき瀬橋上流で 竿を出してみました。

ポイントむらが激しく 大石のあるトロ場で良く掛かりました。
鮎の成長が思ったより遅れているように感じました。

気温・水温の上昇と共に鮎の成長も良くなり
もっと全体的に釣れるようになると思うのでこれからが楽しみです。

つり具のマルニシバイパス店では
今シーズンより遊漁券の販売をしております

日高川は好評販売中
有田川は近日発売予定
                         バイパス店スタッフ 木下


  

Posted by 和歌山のマルニシ釣具店 at 10:01渓流釣り