このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年06月01日

スタッフ三崎の鮎釣り日記 Part2

6月1日(月)古座川が鮎釣り解禁ということで行ってきました。


行きの道中、和深から上がっていくと途中通行止めでやむなくUターンし、すさみまで戻って上がって行きました。
釣行の際は気をつけて下さい。
5時ごろ洞尾のおとり屋、田上さんに寄って年券購入、10800円也、おとり2匹1000円也を支払って準備完了。
先客に村田満さんが来られてました。さすがに解禁日とあって人が多かったみたいで上流部は隙間がないみたいとの事。
そこで親切にも田上さんが5箇所ほどポイントを車で同行して案内してくれました。本当に有難う御座いました。
その中で一枚岩の下手にある鶴川橋の下流の瀬が釣り人一人だったので、割り込ませてもらいました。






こぶしより一回り大きい石がびっしり並んでいて、見た目にも一番よさそうに見えました。
6時過ぎ、釣行開始。
まずは背肩からおとりを入れますが、反応無し。
ちょっと下って瀬の流心部に放り込みますと、ブルブルとチビ鮎が掛かってきました。
おとりには厳しいサイズだったので、再度養殖を投入。続けてチビ鮎。
再々度養殖投入。やっとましなサイズゲット。
そこから回転がよくなり、コンスタントにアタリが有り昼までに45匹。
昼食後、サイズが小さくなって来たので場所を変えようとおもうが人盛りで断念し、11匹追加して2時前に納竿としました。
合計56匹。上出来でした。小さいのも多かったですが、18cmまでの良い鮎に大満足で帰途につきました。



当日のタックル

竿 がまかつ がま鮎 競技SP V5 9.0m
水中糸 がまかつ メタブリッド 0.04


東レ 将鱗競技ハイパー ナイロン 0.15


ハリ がまかつ 競技SP DFキープ 6.5号 4本イカリ


シマノ 虎龍6.5-7.0のミックス 4本イカリ(途中からこの針に変えたがこれが掛かりが良かったです)
写真無くてすみません


  続きを読む

Posted by 株式会社つり具のマルニシ at 18:55渓流釣り釣果情報釣り場紹介